3月

21

買取されたダイヤモンドの行く方

ダイヤモンドというのは、世界のどこの国であっても価値あるものとして、常に需要のあるものです。

ダイヤモンドは永遠の輝きなどとも言いますが、まさにその通りなのですね。

ですから、ダイヤモンドは買取店においても、いつでも積極的に買取をすることができるということです。

そんなに買取をして、買取されたダイヤモンドはどうなっているのだろう?と思っている人も多いのではないかと思います。

買取されたダイヤモンドは、そのままジュエリーとしての価値があるのであれば、そのままの形で、ジュエリーとして再利用できない場合は新しく加工された形で、そのまま買取店の運営する販売店で再販売されるという方法があります。

特に仲介などもせずにそのまま販売するので、高めに買取ができるといわれています。

その他、買取されたダイヤモンドは、専門のオークションによって、海外へ輸出する目的をもったダイヤモンド商の手で落札されます。

特に今は経済が急発展しているインド向け、中国向けの輸出が多く、日本ではあまり販売数が多く伸びない大きめのダイヤモンドなどは、海外での需要の方が高い様です。

買取がされたダイヤモンドは、様々なルートによって、新たな持ち主の元でまた愛される形になります。

もしかしたら、自分の買取したダイヤモンドが、海を渡って、どこかの国で新たな形で販売されると思うと、それも素敵なことだと思います。

不要になったダイヤモンドはぜひ買取をお勧めします。

▼参考リンク:日本の「埋蔵ダイヤ」は3兆円 インドから熱視線 | ニュースフィア

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.